ビタミン不足の病気と食べ物と発見!栄養上の問題が起きて発見!

スポンサードリンク

こんにちは。

ビタミン類
栄養上の問題起こって発見されました

20世紀
科学の一つとして
栄養学が加わりました

当時
皮膚病ベラグラ
トウモロコシ処理法の変化に伴い
ビタミンB2(ニコチン酸)不足で引き起こされました

トウモロコシ
アメリカ先住民の古来の調理法では
石灰水(アルカリ)で処理するものでした

石灰水処理法
栄養的にビタミンB2(ニコチン酸)の摂取を可能にし
ベラグラを予防していました

今もっとも注目されているビタミンといえば
ビタミンD

ちなみに
皮膚にあるコレステロール日光等の紫外線を浴びることで
ビタミンDになります

ビタミンD体内炎症抑える働きがあります
コレステロール値が低いビタミンD生産効率さがります
ビタミンDはすべてのステロイドホルモン炎症を抑える前駆体です

食べ物
ビタミンA・・・うなぎ、レバー、卵 など
ビタミンB1・・・うなぎ、レバー、ごま など
ビタミンB2・・・うなぎ、レバー、卵 など
ビタミンB6・・・レバー、卵、納豆 など
ビタミンB12・・・肉類、魚類、卵 など
ビタミンC・・・キャベツ、オレンジ、イモ類 など
ビタミンE・・・イワシ、サンマ、ごま など
ビタミンK・・・納豆、ほうれん草、わかめ など
ビタミンD・・・レバー、卵、魚類 など

ビタミン不足
A・・・トリ目・肌荒れ・肺ガン・膀胱がん
B1・・・脚気(むくみ・神経障害・心筋障害)
B2・・・口内炎
C・・・壊血病(出血・感染症)
D・・・くる病(骨の脆弱化)
E・・・不妊症・老化・動脈硬化

スポンサードリンク